DIYアイテム

【手作り】100均で三角ウェディングフラッグの作り方!結婚式前撮りにおすすめ小物♡

前撮り撮影で人気のアイテム、三角ウェディングフラッグ♪

「groom」「bride」などと書かれたフラッグを持ちながらの撮影は、写真映えもするおすすめのDIYアイテムです♡

撮影後は、結婚式当日の受付スペース、高砂スペースに飾ったり・・と、たくさんの使い方ができるのも魅力なので、頑張ってかわいく手作りしたいですね!♡

今回は三角ウェディングフラッグの作り方をご紹介します*

意外と簡単なので、半日もあれば完成しちゃいますよ〜♩(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

三角ウェディングフラッグの材料

  • ダンボール
  • 布(ダイソー)
  • 布用ペン(ダイソー)
  • グルーガンまたは布用ボンド
  • 造花(セリア・ダイソー)
  • ドライフラワー(イーストサイドトーキョー)
  • 持ち手用の棒(セリア)
  • 飾りリボン(ユザワヤ)
  • ハサミまたはカッター(私物)
  • 布用カーボン紙(ネット)
  • 穴あけパンチ(ネット)
  • 麻紐(ダイソー)
  • ボールペン(私物)
  • 「groom」「bride」と印刷した用紙

ダンボール

購入したものでもいいですし、使用済みのダンボールでもなんでもOKです!
私はアマゾンのダンボールを使用しました笑

折り目がない方が綺麗に仕上がるので、大きめのダンボールがおすすめです♪

お好みの布でOKです!ナチュラル感を出したい場合は、生成りがかった布が◎
新郎→ブルー 新婦→ピンク などそれぞれで色を変えるのも可愛いと思います♡

布用ペン

布用のペンが滲まず安心です!
しかし私はダイソーで購入できる「ポスティラ」というペンを使用しました(๑´ㅂ`๑)

水性ペンは布に使用するとにじむので油性ペンがいい!と聞いたことがあるのですが、
ポスティラは水性ペンにも関わらず滲まなかったのでそのまま使用しました*

参考までに・・・

上2本がポスティラです。このくらいなら許容範囲かなという印象です。
上から3番目は定番のマッキーです!
油性で滲みも少ないので、黒字で書く方へおすすめです☆
一番下はあまり見かけないペン(家にあったもの笑)油性なのですがかなり滲みました・・。

油性ペンでも滲むもの・滲まないものとあるようなので、試し書きしてから作業にとりかかってくださいね!
ペンは太すぎると文字が書きにくいので、中間くらいの太さが◎です☆

造花・ドライフラワー


造花は100円ショップの中でもセリアの造花が個人的に一番かわいいと思います!♡

色合いがやわらかくて、安っぽさが他の100円ショップよりも和らぐ感じがします・・*笑
造花のみでもOKですが、ドライフラワーもすこし混ぜてあげるとクオリティが高まりますよ♡

▽ネットでおすすめのフラワーショップ「花どんやアソシエ」さん♩
造花やドライフラワーはもちろん、花器などの小物も可愛くて 見ているだけで楽しいですよ(*˘︶˘*)♡

持ち手用の棒

この棒はセリアで購入しました♪
木製丸棒2P』という商品です。
約45cm×1.4cm、カットされた状態で2本入っているのでとても便利です♪

ダイソーにも似た商品があるのですが、長い状態のものしかありませんでした。。
なのでノコギリなどでカットしましょう!

もしくは、公園とか道端で拾った木の枝を使うという手もあります・・・!!!笑
枝ってホームセンターとかで売ってたりするのかな???


↑拾った棒で試してみました。
拾った枝が細すぎて折れそうで心配だったので使用しませんでしたが もっとしっかりとした木の枝ならいけそうですね!笑

木の枝はかなりナチュラル感が出るので用意できるかたはぜひ・・♡

飾り用リボン

こちらはあってもなくても大丈夫ですが、あった方が ふわっと動きがでて可愛いです♡
私はユザワヤでオーガンジーと布生地のリボンを購入しました*

このふわっと感です♡(*˘︶˘*)。◯

布用カーボン紙

布用がおすすめです*
私は「チャコ グラフトペーパー」の”白”を購入しました!
なぜ白にしたのか・・・・黒い布に書くのであれば問題ないのですが 毎回白い布を使っていたので見にくかったです・・笑

▽なのでこちらの色つきが使いやすいですよ!*しかも軽い筆圧でちゃんと写ります♪

ダイソーやセリアのカーボン紙も試して見たのですが
紙破けるんじゃないかってくらいの筆圧で書かないと布には写りませんでしたのであまりおすすめはできません・・泣

穴あけパンチ(ハトメパンチ)

私は他のDIYアイテムでハトメパンチを使いたかったのでこちらを購入しました!
これとっても丈夫で、力もそんなに入れずに穴を開けられるのでとっても重宝しています♪

KOKUYOなので安心感もありますしね!
普通の穴あけパンチでも大丈夫ですよ〜!☆

三角ウェディングフラッグの作り方

いよいよ作り方です!*

土台を作ります。

①ダンボールを用意します。

※本当はこの真ん中の折れ目が無い方が良いです!今回はこちらで説明させていただきます(>_<)

②ダンボールに下書きをします。

うっすらと下書きしてあるの見えるでしょうか・・?
今回私は、縦:約20cm 横:約30cmの大きさで作ってみました。
大きさはお好みで変えてくださいね♪

③カットします。

ガタガタにならないようにお気をつけください(*˘︶˘*)

これで土台の完成です♪

布に「groom」「bride」の文字を書き写します。

①布にカーボン紙を重ね、さらにあらかじめ用意していた「groom」もしくは「bride」 の紙を重ねます。

この時、ずれないようにマスキングテープなどで端を止めておくと書きやすいですよ!

②上からボールペンでなぞります。

ちゃんと写っているか、時々チラ見して確認してくださいね!(紙がずれない程度に)

最後まで頑張って書いたのに布を見たらカーボン紙が上下反対で全く写ってなかった・・・・なんてこともありますからね!!

何度かやらかしてとてもショックでした〜〜泣

▽こんな感じで写し終えました!(白いカーボン紙だからとっても見づらいですごめんなさい><)

③写した文字をペンでなぞっていきます。

この時は黒のマッキーを使用しました!*

▽このマッキーです(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

⑤文字の中も塗りつぶしました〜!

ムラの無いように丁寧に書いてくださいね♪
(説明のためちょっと手抜きになっております><)

土台と布を合わせます。

①三角形の土台に合わせて、位置を調整します。

②裏返しにして、グルーガンで布を貼り付けます。

おもて面がたるまないように、ピーン!と布を伸ばしながら貼ると綺麗に仕上がります*

▽貼り付けるとこんな感じです♪

③サイドにパンチで穴を開けます。

これから取り付ける持ち手をしっかりと固定させるためです*

▽三ヵ所に穴を開けると安定しやすいです♪

④丸で囲った部分にグルーガンをつけ、持ち手とくっつけます。

(説明では家にあった棒を使用しております)

⑤グルーガンが乾くのを待ってから、麻紐で持ち手と土台をしっかりと結びつけ固定させます。

(説明ではビニール紐を使用しております)
この時、棒のてっぺんを少し残しておくと飾りのリボンが取り付けやすくなります♪

二回ほど穴に通すとかなり固定されますよ〜!
この紐を麻糸にするとナチュラルになって、見えていてもかわいいです!♡

しっかりと取り付けました!

⑥裏面の見栄えもよくしたい方は、土台と同じように布を切って上からグルーガンで貼り付けてくださいね♪

⑦これで土台と持ち手が固定されました!*

お好みでお花やリボンを飾りつける

①造花とドライフラワーをmixさせながらグルーガンでくっつけていきます。

こちらは実際に前撮りで使用したフラッグです♪
groom はブルーをメインに、Brideはピンクをメインに配色してみました*

そして造花を多めにして、持ち運ぶときに崩れにくいようにしました!

ドライフラワーたっぷりだと持ち運びのときにポロポロ取れちゃいそうだったので・・(;ω;)

▽文字はポスティラのゴールドで書きました♪

②棒のてっぺんにリボンを結びつけます♪

少し残しておいたてっぺんの部分に ギュッと結びましょう♡

▽リボンは3種類使いました*

三角ウェディングフラッグの完成です!♡

ナチュラルでふんわりとかわいい 三角ウェディングフラッグの完成です〜〜♡
土台がしっかりしているから撮影の時もふにゃっとせずに安心して使えるのです!♪

前撮りで使ってみた♡

カメラマンさんから「手作りなの??!すごい!かわいいーー!♡
と好評で テンションが上がりました〜(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

ちょっとアップで撮ってもらって、結婚式当日の受付に飾ったりとか、席次表のプロフィールに使ったりとか いろんなところで活躍できそうですね♡

小物があると自然な表情になれるし、撮影の幅も広がりますね♪

最後に

最後までご覧いただき ありがとうございました♡
お好みの布やお花を使って、ぜひ素敵なウェディングフラッグを作ってみてくださいね*

ABOUT ME
chao
2018.3 アンジェロコート東京にてレストランウェディング:) 白くてほわほわしているものに目がないです。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください